肘 黒ずみ ケア

肘の黒ずみケア方法をお伝えします。確実に改善しましょう。
MENU

知っておくべき肘の角質ケア方法

肘の黒ずみの主な要因は、不要な角質の蓄積です。
長期的に不十分なケアをしてしまっていると、そのような事態になりやすくなります。

 

ですが、肘の黒ずみの要因が角質にあるならば、
病院に頼らなくてもセルフケアで治していくことが可能です。

 

ケア以前に黒ずみの再発防止を!

角質ケアで黒ずみを淡くして、最後には完治させる事もできます。
ですが、まずは黒ずみが生じないように防止策を講じる事が大事です。
せっかく完治させても再発するようでは意味がありません。

 

黒ずみが生じないようにしてから、角質ケアを行ってこそ意味があるのです。
黒ずみを生じさせる要因になる「刺激」「圧力」「擦れ」には十分気を付けましょう。

 

適切な角質ケアの要点

皮膚を柔化させてから角質ケアをする

角質ケアでは無理に除去しない事が重要です。
無理に除去するという行動は、黒ずみの要因である「擦れ」に繋がります。

 

ですから、皮膚を柔化させる事で、
出来るだけ力を入れずにケアを進められるようにしましょう。

 

そのためにはケアの前に、湯船にじっくり浸かっておくことが大事です。

 

スクラブでも擦り過ぎない

スクラブ剤には研磨効果があり、それによって角質を剥がす事が可能です。
ただし強力ですから、力を入れて擦ってしまうと、
皮膚への刺激は多大なものになってしまいます。

 

ですから、スクラブ剤を用いて角質ケアを行うにしても、軽く行うように心がけて下さい。

 

アフターケアとしての保湿が大事です

角質ケアのみなら、肌ケアをする際は完了後の保湿が重要です。

 

どれほど軽く施しても、角質ケアをすれば角質層が弱りますから、
皮膚は外からのダメージに弱くなり、ケアによる負荷も残存します。

 

そこに新たな圧力、擦れ、刺激などが加われば、
皮膚への悪影響はかなり大きいものになってしまいます。

 

ですから、きちんと保湿して水分で保護する事が大事です。

 

ワセリン、クリーム、オイル等で油膜を作っておけばさらに万全で、
その後の乾燥を防止する作用もあります。

 

ピーリングはほどほどに

ピーリングで皮膚の角質を取り除く事ができます。
完了後は皮膚がスベスベになるので爽快感があるはずです。

 

ただ、成果を急いでピーリングを行い過ぎれば、
留めておくべき角質まで除去してしまい、皮膚の刺激への抵抗力は低下してしまいます。

 

ピーリングは1〜2週間に1回程度にしておくべきだと言われています。
実際、そのくらいの頻度でも十分効果が出ます。
股 黒ずみ

このページの先頭へ