犬の無駄吠えをSTOP!効果的な対策とは

犬の無駄吠えをSTOPしよう!その効果的な対策をお伝えします。
MENU

犬が吠える理由について

犬はなぜ吠えるのでしょうか。端的に言うと、何かを人に伝えようとしているからです。
ですから人間としては、吠える事に対してそこまで怒りを覚えてはいけません。

 

また、犬がなぜ吠えるのかも知っておくべきです。
そうしなければ、犬との関係性が希薄なものになってしまうからです。

 

そもそも「無駄吠え」という表現もあまり良いものではないと思います。
犬が本当に「無駄に」吠える事はないからです。

 

さて、犬はメインとして以下の原因で吠えると見られています。

 

■ストレス
■恐れ
■興奮
■警戒心
■要求

 

飼い主に抜かりがあると犬はストレスで吠えやすくなります。
犬が運動不足でないか気を付ける事でも大事ですし、
犬にとっての生活環境等を改善していく事も場合によっては必要です。

 

そして、子犬の頃に社会性を身に付ける事が出来ないと、
関わっていく様々な物や人に対して、警戒心を抱きやすくなってしまいます。
そうなると、その犬は良く吠えるようになってしまいます。

 

また、犬は自分の縄張りをかなり大事にします。
ですから、縄張りに踏み入ろうとすると何かが存在すれば、
それに対して反射的に吠えます。
ちなみに、この本能を活用しているのが「番犬」です。

 

そして、虐待等の怖い経験があったり、社会性を身に付けていなかったりすると、
「恐れ」のせいで吠える場合もあります。

 

ですから、人間の場合もそうですが
犬の場合も小さい頃のしつけが非常に大事であると言えます。

 

 

さらに、犬は欲求を満足させようとして吠える場合もあります。
つまり「○○をして!」です。犬との関係性によっては
「○○をしろ!」という意識で吠えている場合さえあります。
この場合も、飼い主に何らかの抜かりがあるケースが殆どです。

 

例えば、吠え声を聞くたびに必ずエサをやるなどの習慣があると、
そのせいで人間に吠えてしまうケースが増えていきます。

 

そして、興奮で吠える場合もあります。
一例として、飼い主が視界に入ると興奮が原因で甲高い声で吠える場合があります。
反対に、何らかの刺激が原因で「良くない興奮」をして吠える事もあり得ます。

 

その犬の本来の気質によって、興奮しやすいかどうかが決まる部分が大きいようです。
飼い主としても犬の性格を理解しておきたいところですね。

 

 

ちなみに、猟犬、番犬、牧羊犬等に由来する血統の犬の場合は、
少し気質として吠えやすいと見られています。

 

ですが、しつけ次第でどんな犬種でも、
一定以上に吠えるのをコントロールする事が可能です。

 

来客への吠え癖対策とは?

お客さんに向けて吠える事の多い犬がいますが、その場合警戒心が強かったり、
人間が苦手だったりする可能性が高いです。

 

また、犬は縄張りをとても大事にするので、基本的に誰か来れば警戒するものです。
そして、怖がりな犬に関しては、お客さんに対して恐怖を抱いて吠えるケースもあります。

 

ただ、お客さんに向けて吠えてしまう最大の要因は
「自分の立場が最も上だ」と犬が勘違いしているからである場合が大半です。

 

 

怖がって吠える場合にはどうすべきか

まずは「来客に恐怖する必要はない」と分からせることが大事です。
飼い主と客がにこやかに会話していると、犬の恐怖心は徐々に薄れていくとされています。

 

ただ、自分の立場が最も上だと思っている犬の場合は、
この手を使っても意味を成さないケースも多いです。

 

 

食べ物でお客さんに向けての吠え癖を改善する

誰かが訪問すると、飼い主の後ろに隠れて吠える犬に関しては、
その来客者に食べ物をあげるようにしてもらうと、吠えるのを止める事が良くあります。

 

エサなどを来客者に手渡して、吠え声を出したら「お座り」などと言ってもらい、
その後にエサを食べさせるように依頼しておきましょう。

 

そうすれば、犬は来客者を怖がらなくなります。
そして、吠えるのが止んだら、すぐに褒める事も欠かせません。
そうする事で犬は「吠えないのが正解だ」と分かってくれます。

 

ただ、この手段を乱用していると「吠えれば食べ物が与えられる」と
勘違いしてしまいますので気を付けましょう。

 

また、一度別室に行かせて、来客者が見えないようにして、
長く食べる事が可能なエサ(ガムなど)を与えるという手法も存在します。

 

 

ただ、最初に述べましたら、犬が「自分の立場が最も上だ」と勘違いしている事で、
そもそもの要因である事がとても多いです。
ですから、可能であればその事から矯正していった方が良いです。

 

無駄吠えが多い犬種はあるの?

ここでは、無駄吠えを行いやすい犬種を挙げていきます。
ただ、もちろんどの個体にも必ず当てはまるというわけではありませんのでご了承ください。
あくまで傾向として認識しておいていただければ幸いです。

 

やや無駄吠えを行いやすいと見られているのが以下の犬種です。

 

■ダックスフンド
■ビーグル
■フォックステリア系統

 

これらの犬種をさかのぼると狩猟犬に行き着きます。
ですから、吠えやすいのも自然な事なのだと思います。

 

 

更に、

 

■ウエストハイランド
■ホワイトテリア
■ヨークショーテリア
■ケアンテリア
■ミニチュアシュナウザー

 

等のテリア系列は、そもそも気性が激しいので無駄吠えを行いやすいです。

 

 

 

逆に無駄吠えが少ないとされているのはトイ系統などです。
なぜなら、そもそも人間が飼う事を前提に作られた犬だからです。

 

ですから、犬と一緒に生活したいのであればトイ系統を選んでみるのもありだと思います。

 

ただ、当然無駄吠えをしにくいはずの犬種が、
無駄吠えをしょっちゅうしてしまうケースもありますし、
逆に無駄吠えをよく行うはずの犬種が、あまり無駄吠えを行わないという事も有り得ます。

 

そして、やはり飼い主の教育が「無駄吠えをするかどうか」を左右させます。
ですから、あまり「○○の犬種だから吠えにくい(吠えやすい)」と思い込み過ぎず、
しっかりと教育していくように心掛けてください。
そうすれば、どんな犬種とも素晴らしい関係性を築いていく事が叶うはずです。

 

つまりは、誰でも好きな犬種を飼って平気であるとも言えますね。
どの犬も愛くるしいものですが、だからこそ抜かりなく教育するようにしましょう。
ワンブル

 

 

メニュー

このページの先頭へ